日本で買えるNYチョコ♡その1

気づいたら最後の更新から1ヵ月たっていました。
なかなか続かない……泣。

 

ところでもうすぐバレンタイン♡

日本では、女性から気になる男性に告白するためチョコを渡す、というイメージですが、アメリカでは、男性から女性に(または性別関わらず)親しい人に愛と感謝を込めてチョコや花束を贈るのが主流。義理チョコやホワイトディもありません。

数年前、NY在住の友人が、旦那さまにバラとジャックトレスの詰め合わせ(100ドルくらいする一番たくさん入ってるやつ)をもらったと聞いて、めちゃくちゃうらやましかったなー。

今年は、日本では自分のために買うご褒美チョコが主流とのこと。そうそう、自分で買っちゃえ!
今なら期間限定で通常では手に入らないものありそうなので、日本に支店があるNYブランドやNYっぽいものをちょっと探してみました。
もうバレンタインズディには間に合わないでしょうが、購入はまだ出来そうなでチェックです!

 

MarieBelle
マリベル

ソーホーに本店があるチョコレートブティック。
カカオにこだわったチョコはどれもおいしいのですが、やはりマリベルといえば、ブルーのボックスにブラウンのリボンがかけられた「シグネチャーアートガナッシュ」です!
チョコの上に、そのフレーバーにあったイラストがプリントされているのですが、それがセンスがよくておしゃれ(そんな表現しかできなくてごめんなさい……)。

 

チョコを見ているだけで胸が熱くなります。

 

こちらは京都と大阪に店舗があります(なかでも世界中では本店といえるのはニューヨークと京都だけ)。
チョコはニューヨークから空輸しているらしく、まさにニューヨークの味!(なので、今は雪の影響で空輸が遅れているようです)
京都に支店があることで、抹茶やほうじ茶などのフレーバーがあるのも日本人としてうれしいとですね。

 

マリベルは、カカオ・マーケット(Cacao Market)というカジュアルブランドもあり、チョコレートボールやドライフルーツのチョコ、チョコバーなどが主流です。
こちらは京都に2店、東京、なんと石垣島にも支店があります。

 

Fat Witch Bakery
ファットウィッチ・ベーカリー

チェルシー・マーケットに行ったら必ず立ち寄ってしまう、NYみやげには欠かせないブラウニーのお店(あと、アンソロポロジーも!)。
チェルシー・マーケットはテナントが頻繁に変りますが、1997年のオープン当初からあったように思います。日本では、京都と大阪に店舗があります。

バレンタイン限定のパッケージがとにかくかわいい!
3つまとめて欲しい!

 

Barneys New York
バーニーズ・ニューヨーク

どんどんなくなっていくニューヨークのスペシャルティストア。ヘンリベンデルだけでなくバーニーズもなくなってしまいましたね。
でも日本ではまだ健在。日本第一号店の新宿店は2021年2月28日で閉店してしまいますが、銀座、六本木、横浜にもあります。

ここで見つけたのが、ポーチ入りのチョコ。ポーチの種類がたくさんあるんです。どれもタブレットチョコが4枚入ってポーチ付きで1430円ならお得かも?

https://twitter.com/asamiffee/status/1350720913990246404?s=20

 

チョコ大好きなので、続きも書こうと思います。バレンタイン過ぎちゃうかもですが、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!